マイクロバランス

一般的に高魚粉を配合し作られている養殖魚の飼料ですが、スクレッティングでは、自社の水産養殖研究センター(ARC)での長年の研究から生み出されたイノベーションで、主要原料である魚粉の使用を抑えながら飼料をつくることができるようになりました。

微量栄養素の最新知見および魚への効果を研究し、「マイクロバランス」というコンセプトに基づく、配合技術を開発しました。マイクロバランスを活用することで、魚の成長や身質、魚にストレスを与えることなく、様々な原料で主要原料の代替をすることが可能になります。

魚粉は天然資源であるマイワシなどを原料に作られます。近年この天然魚の資源量が減少しており、調達が困難となっています。しかし、スクレッティングのマクロバランス技術により、単一原料に頼った飼料作りではなく、原料の供給量や価格事情に沿って様々な原料を選択する幅を広げています。