マダイ

(Pagrus major)

マダイ

日本のお祝いの席に欠かせないマダイ。今や日本の真鯛の8割が養殖されるようになり、より身近な魚となりました。あっさりした身で、お刺身としてもお料理にもよく使われるお魚です。

マダイについて

美しい肌

独自の配合により、真鯛の美しいピンク色をした肌とヒレの青さに仕上がります。

より天然の真鯛に近い上品な桜色が出せるのは、スクレッティングならではの技術です。

祝いの魚マダイ

マダイは古くは縄文時代から食され、そのピンクの色合いとめでたいという語呂から、祝いの席に欠かせない食材として扱われてきました。温暖な四国や九州で盛んに養殖され、身近な食材として食卓を飾るお魚でもあります。

マイクロバランス

配合コンセプトのマイクロバランスにより、原料の選択の幅が広がり低魚粉飼料のパイオニアとして業界をリードしています。

さらに詳しく