循環型水産養殖システム (RAS)

RASにおけるグローバルリーダー

現在、スクレッティングは、循環型養殖システム用飼料のマーケットリーダーです。

循環型養殖システム(RAS)は、水をろ過システムで循環させて再利用することで、水を再利用できるようにする陸上の養殖施設です。持続可能性が高いため、養殖に必要な水の量やスペースを減らすことができます。RASを利用した施設の数は指数関数的に増加しており、年々世界中で導入が進んでいます。RAS の使用の増加は、淡水の初期段階だけでなく、多くの魚種のライフサイクル全体の標準となりつつあるため、養殖のパラダイムシフトを体現しています。

RAS 養殖は、様々な可能性を有する完全制御システムといえます。第一に、現在の環境生態系における養殖の必要性を低減します。これは、養殖する種と場所の多様性や利便性が向上します。第二に、水質を注意深くモニターし条件が最適な状態を維持できるようにすることで、養殖種の全体的な健康と成長を向上させることができます。定期的にモニターされる数値には、酸素、二酸化炭素、pH、温度、亜硝酸塩、硝酸塩、アンモニアなどがあります。最後に、RASは従来の方法と比較して水とスペースを必要としないため、はるかにサステナブルなシステムと言えます。

RASには独自の課題があり、特に安定した水質を維持することが重要です。養殖する種によっては、生成された有機物(物理的および溶解した廃棄物)のろ過は、水を減らすためにシステムによって効率的に除去する必要があります。このシステムでは、有害な溶存廃棄物の除去と削減の鍵となる微生物フィルター(バイオフィルター)を含むフィルターの配列を使用しています。微生物のバランスがこのフィルターに残るように、他のすべてのフィルターが余分な廃棄物や栄養素を除去することが不可欠です。このように成長、FCR、製品の可用性と増加したバイオマスを改善し、高品質の水条件を維持するために、廃棄物の出力を減少させ、ろ過を最大化するためにのみ最適な飼料を使用することが不可欠です。

スクレッティングは、養殖の持続可能性を高める可能性があるため、RASに多くの研究資源を投資してきました。世界各地に3つのRASベースの専用研究施設を持ち、それぞれが独自の焦点を持っています。スクレティング養殖研究センター(ARC)のRASチームは、このシステムを専門とする多くの知識豊富な研究者で構成されています。

 

スクレッティングのRAS研究について詳しく読む

スクレッティングが蓄積し続けてきた知識とノウハウ、そしてスクレッティングが保有する研究開発設備は、これらのシステムがより多くの形で登場していく中で、非常に貴重なものとなるでしょう。
RecircReady graphic

スクレッティングのRAS専用に開発したコンセプトRecircReadyは、2009年に世界の市場に導入されました。このコンセプトには、カスタマイズされた飼料ソリューションに加えて、モデリング機能、栄養ソリューション、健康モニタリングが考慮されています。

RecircReadyについて詳しく知る

魚とシステムに給餌する

スクレッティングの最初のRAS飼料は、陸上生産を最適化するために、3つの重要な原則に基づいてベストソリューションを提供できるよう設計され、業界にとっても大きな節目となりました。魚の排泄物の質を改善し、機械的ろ過をより効率的にし、バイオフィルターのための栄養負荷を低減します。

魚の飼育環境の条件をうまく維持するためには、再循環システムの一貫性が重要です。そのため、スクレッティングでは、EPの品質と配合をバッチごとに一貫したものにするために、細心の品質管理を行っています。また、包装前のEPの性能を確認するために、濁度試験を実施しています。

Skretting feed

RASニュース

スクレッティングのRAS装置
Feednavigator on Skretting and RAS

スクレッティングは、再循環養殖システム(RAS)用に特別に設計された飼料のパイオニアで、閉鎖式養殖魚生産における飼料コンセプトを統合しバージョンアップしました。

RAS equipment Skretting
Intrafish on Skretting and RAS

スクレッティングは、ノルウェーの研究施設に新しいRASユニットを設け改良しました。スタバンガーにあるリサーチセンターに12基の独立した循環システムを追加し、陸上養殖サーモンとトラウト用飼料の試験を行います。

スクレッティングのRAS施設
スクレッティングと RASのフィッシュサイト

スクレッティングは、特殊な再循環型養殖システム(RAS)飼料の世界最大のサプライヤーで、RecircReadyと呼ばれる飼料の新製造ラインを発表しました。

スクレッティングのRASニュース

このセクション

RecircReady
RAS研究