スクレッティング水産養殖研究センタ0(ARC)-科学と産業が出会う場所

スクレッティングARC の究極の目標は、製品、方法論、または製造改善の形であれ、養殖業界のための革新的で持続可能なソリューションに研究が実装されるのを見ることです。また、学術および産業界のパートナーとの緊密な関係を育み、世界クラスの研究者にとって最高の職場の一つとなり、スクレッティングのイノベーションアジェンダを推進することに尽力しています。

スクレッティングARCは1989年に設立され、5大陸で養殖されている多くの魚やエビの飼料に関わる活動をサポートしています。

Skretting ARC women

私たちの仲間

私たちの取り組みを成功させるために、140名の国際的な専門家グループが、その卓越した知識を会社に提供しています。スクレッティングARCの研究者は、専門家として多様なバックグラウンドを持ち、意味のあるイノベーションを実現するために、さまざまな部門や外部パートナーと緊密に連携しながら、常に自分の分野を超えたところに目を向けています。彼らは、持続可能な世界に鼓舞され、Feeding the Futureという私たちのパーパスに駆り立てられています。

重点研究エリア

健康

スクレッティングARCは、予防と統合的なアプローチに焦点を当て、魚やエビの健康を向上させるための新しい機能性原料と方法論について研究しています。私たちの専門家チームは、生化学、微生物学、メタボロミクス、遺伝学、組織構造学のバックグラウンドを持っています。

栄養

スクレッティングARCの栄養学研究者は、腸や魚の生理学の理解を深め、飼料の摂取量や腸の機能性を最適化する方法について常に研究を行っています。私たちは、製造工程での栄養価と機能性を確立するために原料を常にテストしており、食品の安全性や品質、持続可能性に関する潜在的なリスクを評価しています。

この研究では、栄養ニーズを分析する際に、種、サイズ、生物学、環境、健康状態を慎重に考慮しています。

 

飼料製造

配合の変更に伴い、飼料製造技術に対する要件も変化しています。 スクレッティングの飼料製造を担当する研究者は、より持続可能なサプライチェーンを実現しながら、配合の効率と品質をさらに向上させることを目的とした技術や新しい方法論を開発しています。また、一貫した高品質の製造を保証するために、ベストプラクティスを記録し、世界中の製造拠点で働く仲間たちをトレーニングすることにも取り組んでいます。

最新鋭の研究施設

研究開発と検証ステーション

私たちの研究施設は、世界中のお客様のために革新的な飼料コンセプトの開発に応用できかつ信頼性の高い結果を得るために基盤となるところです。スクレッティングの魚とエビの研究・検証ステーションは、場所によって屋内と屋外の施設があり、環境条件を綿密に監視・管理し、さまざまな養殖種を用いて最新の配合を用いた精密な実験を行っています。また、現地のニーズや業界の課題に完全に対応するために、数カ国にユニットを設置しています。

飼料研究所

スクレッティングARCは、国際的に認定された養殖研究所で、スクレッティングの全ての試験結果を分析しています。ARCが集中的に調整しているNIR検量線を使用し、私たちが世界中から調達するほぼ全ての原料について、現場の担当者が全ての飼料成分の栄養価を正確に測定しています。配合担当者はこの情報を利用して、最適な配合レシピを確立します。

研究所ではまた、飼料の組成、性能、品質を評価し、各顧客の特定の要件が完全に満たされていることを確認しています。

同時に、全ての最終製品についてグローバルなモニタリングプログラムを実施しています。これにより、スクレッティングの工場で製造される全てのサンプルが研究所に送られ、基準に沿って製造されているか検証・承認され、規定品とそん色ないか比較することができます。

Lab worker
Feed Technology Plant

飼料製造工場

スクレッティングには、パイロットスケールの飼料技術工場(FTP)があります。ここには最新の製造技術、新しい配合、潜在的な原料を探索する小規模な飼料製造設備が組み込まれています。これにより、効率的に設備を最適化し、新しい製造方法を評価し、試作飼料のサンプルバッチを製造することができます。

FTPは、スクレッティングの厳格な製造工程に基づき、研究ステーションや協力研究機関に幅広い実験用飼料を供給し、その結果に基づいてさらに微調整や最適化を行っています。

また、この工場を利用して実習を行い、全世界の製造拠点全体で能力を共有することもできます。