飼料の製造に本当に必要なものは何でしょうか?

持続可能な原材料から高性能な栄養ソリューションまで

魚とエビの飼料の製造は複雑です。EPの物理的な品質は厳しい基準で規制されており、高度な機械が必要とされます。原料の調達は大きなコスト要因となるため、飼料製造における研究開発の大部分は、原料の柔軟性と機能性の両方を高めることを目的としています。

製品技術のあらゆる改善は、品質や効率の向上、そしてより持続可能なプロセスにつながる可能性があります。スクレッティングは毎年250万トン以上の飼料を製造しており、小さな改善でも大きな数字につながることを意味しています。

ベストな配合飼料を作りだすこと

すべての原料におけるタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの含有量を正確に計算し、対象となる魚種やライフサイクルごとに必要な栄養価を満たす飼料の配合を行っています。魚やエビはこれによって最適な健康状態と成長能力を与えられ、消費者ごとの要求を叶えることができます。

私たちの製品について

Raw materials circle

正しい原料を選ぶこと

私たちは、責任をもって管理された原料のみを使った飼料を製造するよう全力を尽くしています。すべての原料は総合的に評価され承認を受けた後、私たちの工場へと送られます。

責任ある調達について

私たちの製造プロセス

高度な処理システムと専門的な技術を駆使して異なる原料を同等の粒度に粉砕し、魚種によって異なる配合に沿って混ぜ合わせていきます。水を加えてペースト状にしたものを押し出し成形していきます。1㎜から20㎜まで、スクレッティングでは幅広いサイズの飼料を製造しています。次にペレットを乾燥させ、油でコーティングします。完成した飼料は私たちの研究所で念入りなチェックと承認を受けたのちに包装され、お客様のもとに届けられます。

Fjordfrende ship

物流について

私たちの飼料工場から船やトラックに積まれた製品は、袋に入った状態かバルク輸送でお客様のもとに届きます。注文通りの製品が予定どおりにお客様の養殖場まで直接配送されるよう、高度な複合輸送システムを駆使しています。

Eruvaka

アフターケア

お客様の満足度は私たちの大事な目標のひとつです。そのためスクレッティングでは全製品において購入後の評価を実施しています。生物学と品質、経済学を融合した革新的なアクアシム管理ツールはお客様がその生産力を最適化し、パフォーマンスの期待値を算出するうえで役立ちます。

AquaSimについて