精密養殖を可能にするデジタルソリューション

20年分の研究をお手元にお届けします

スクレッティングの強力なAquaSimは、魚やエビの養殖業者向けに高度な予測・分析を行い、養殖場のパフォーマンスを最適化し、ニーズに合ったアドバイスを提供します。

Eruvaka

高度な成長モデルと予測

AquaSimの開発プロセスは、20年前にスクレッティングがサーモンを始めとする魚種の成長モデルを作成したことから始まりました。この5年間は、研究、実験、検証に基づいて、エビのためのコンセプトをさらに発展させてきました。

スクレッティングの飼料を供給する多数の魚種やエビのための成長モデルについて包括的なポートフォリオを確立しました。これらの成長モデルの目的は、魚やエビが様々な環境下でどのようにパフォーマンスを発揮するかを予測し、その養殖状況に応じた費用対効果はどうなるのかを評価をすることにあります。

効率を最大化し、漁場のパフォーマンスを最適化

AquaSimは、多くの魚種やエビの成長モデルを作成することができます。生物学、水質、経済性の3つの基準に基づいて成長曲線を描けるようツールを提供しています。このモデルは使いやすく、養殖場の寸法、放養計画、飼料・給餌体制、水質などの設定があり、生産者側の入力が必要となります。

これらの入力値に基づき、出荷日から飼料の選択まで、さまざまなデータを得ることができ、AquaSimは効率的な計画、予測、ベンチマークに欠かせないツールとなっています。

長年にわたり、漁場のパフォーマンスを最適化するための数多くのモデルを開発してきました。例えば、成長モデルは体重に基づいており、商業ベースの漁場データを使って校正されています。FCRモデルは、体重に基づいた生物学的FCRを提供します。スクレッティングの飼料には、スクレッティングAIによる研究に基づいた独自のFCRモデルがあり、すべての原料と飼料を実験室と実地条件の両方でテストしています。

 

Farm Japan
AquaSim precision farming graph

Precision farming

漁場環境や各漁場の生産目標の評価をもとに、生産者が望む成果を上げられるように、最も費用対効果の高い養殖パターンや飼料の選択、給餌戦略などの提言を行っています。

精密養殖について

漁場管理をお手元で

AquaSim は、オンラインで使用することができるので、お持ちのパソコンやタブレット、スマートフォンでアクセスし利用することができます。

AquaSim in hand

Stories on AquaSim

2022/06/22

養殖産業が抱える5つのC

養殖産業は、より持続可能な方法で健康的なタンパク質を生産するために、近年大きな努力を払ってきましたが、その道のりはまだ終わっておらず、多くの課題(Challenge)が残されています。

記事を読む
Professor Joseph Stiglitz
2022/06/14

ジョセフスティグリッツ教授はAquaVisionで訴えます「私たちは地球の限界を知り尊重する必要がある」

食べ物は私たちが生きていく上で欠かせないもので、安定的にかつ回復可能な方法で消費者に提供していかなければならないものです

記事を読む
AquaVision preview
2022/03/01

AquaVision 2022へようこそ!

6月13~15日にノルウェーのスタバンガーで水産養殖ビジネスに関する国際会議が開催されます

記事を読む