サステナビリティリポート 2020

サステナビリティリポート 2020を発行

リポートでは、魚とエビの生産者が世界の食と栄養の安全に貢献できるよう、スクレッティングが取り組む主要なイニシアティブをご紹介しています。

サステナビリティリポートは、これまで以上に深い洞察をもって、世界中で展開した主要な出来事を紹介しています。多くの人々、企業、経済にとってあらゆる面で前例のない困難な年であったにもかかわらず、活動をつづけたスクレッティングの取り組みとその成果をまとめています。

私たちのサステナビリティへの取り組みは、2050年に100億人に迫る世界人口のために、可能な限り最も責任ある方法で水産養殖を可能にするため、バリューチェーンにおける独自の立場を活かし、スクレッティングの最優先のサステナビリティ・ビジョンを支え続けています。また、ニュートレコの今後5年間の持続可能性の目標を定めた、ニュートレコサステナビリティロードマップ2025にも合致しています。

スクレッティングは、幅広いバリューチェーンの一端を担うものとして、その取り組みを通して違いを示していきます。

ロードマップは、「健康と福祉」、「気候と循環」、「良き市民」の3つの柱に基づき、それぞれ関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)を表現しています。このロードマップは、スクレッティングが事業を通じて、また広範なバリューチェーンの一部として、どこで、どのように変化を起こそうとしているかを示しています。これらの活動は、横断的に部門を超えたモニタリングツールによって支えられています。

具体的には、「健康と福祉」の柱では、薬剤耐性菌(AMR)の低減に向けた取り組みに焦点を当て、「気候と循環」では、温室効果ガスの排出量を大幅に削減することに焦点を当てています。ニュートレコは、科学的根拠に基づく目標(SBT)を採用することにより、2030年までにスコープ1および2の絶対量を2018年を基準として30%削減し、スコープ3のGHG排出量を同期間に付加価値1単位あたり58%削減することを約束しました。スコープ3の目標を達成するために、森林破壊のない原料の調達、2025年までに飼料原料の5~10%を新規の代替原料から調達するという目標を達成するため、新規原料の開発と使用、サプライヤーのGHG排出量削減への協力などに引き続き取り組んでいきます。最後に、「良き市民」の柱では、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包括性)とコミュニティ開発のさらなる向上を目標としています。

私たちは常に未来に目を向け、特に養殖が人と地球のために何ができるかを考えています。
Therese Log Bergjord, CEO, Skretting

この報告書では、「サステナビリティ・ロードマップ2025」のガバナンスが、2020年に新たに導入された「大豆・パーム油の調達方針」や「ビジネスパートナーの行動規範」などが、どのように実践的に移行していくかが示されています。

これらの文書は、サプライチェーンにおけるサプライヤーやその他のビジネスパートナーとの協働を通じて、持続可能な原料を使用するという当社のコミットメントを強化するものであり、2025年に森林破壊のない大豆とパーム油の原料を使用する目標を導くものです。

スクレッティングのCEOであるTherese Log Bergjordは、「2020年に生産した230万トンの飼料により、昨年は毎日2,100万食以上の魚介類を提供することができましたが、私たちの関心は常に未来に向けられており、特に水産養殖が人々や地球のために何ができるのかということにあります。そのため、サステナビリティ・ロードマップ2025を完成させることができたことをうれしく思います。これらを通して、私たちは世界中のパートナーを支援し、水産養殖産業の持続可能な成長を加速させるための理想的な立場にあります」と述べています。

ニュートレコのパーパスは "Feeding the Future "であり、水産養殖がそのパーパスを真に達成するためには、持続可能な水産物の供給と高まる需要との間のギャップを埋めるために、私たち全員が新しいイノベーションと、よりクリーンで環境に優しい方法で、これらの重要な食品を生産することを急がなければならないことは明らかです」と、ニュートレコのサステナビリティ・ディレクターのJose Villalonは述べています。

サステナビリティレポート2020はこちらからご覧いただけます。

READ THE SKRETTING SUSTAINABILITY REPORT 2020 HERE.

サステナビリティリポートについて

Sustainability report banner
2021/06/02

サステナビリティリポート 2020

リポートでは、魚とエビの生産者が世界の食と栄養の安全に貢献できるよう、スクレッティングが取り組む主要なイニシアティブをご紹介しています

記事を読む